fumée d'ambre girls

出来の悪い人。思ったこと、考えていることを書く。何か嫌になったら逃げ込んでくる。音楽を作る。

ここ数ヶ月、過去の環境を取り戻そうとしている。僕の脳機能障害の症状の一つとして『頻繁に環境を変えたがる』というものがあるが恐らくそれに該当するのだろう。もちろん自覚はあるのだけれど理由は全くわからない。別に今の環境に不自由さは感じないし、むしろ一般的な基準で計るのなら良好とも言える状況化にある。しかし何故だか新たに手にするものには次々と過去へと遡っていく情報が含まれている。ハッと気付いては一度手放すのだけれど、結局入手してしまう。また創作においてもそれが反映されていることを自覚している。

今はモノを作る際、未来、そしてこれからの事を意識して作るようにしているんだけど、パッと世界をイメージする度に浮かんでくるのは懐かしい風景であったり、いつかの心情だったり、次から次へと過去の自分を俯瞰しているようなものばかりが連想される。そういった時によく表れる感情としては、何故あの時こうしなかったのだろう、この一言さえ言えれば今はこんな状態じゃなかったのに…等の後悔の念が一般的なのだろうけれど、僕は特にそんなことはない。そんなことあったな〜とか、うんうんそれもまたアイカツだね!みたいなものばかりで悲しくなるような要素は一つもない。しかし何故…と、ふと考えてしまうことが増えた…

だけの話。といえばそれまでなんだけど何か吹っ切れないところがあって、結果よくわからないままグダグダになって13秒しかないトラックデータとかがアホみたいに残っている。もう開いて内容を思い出すのが面倒臭くて結局着手しない。

そうかこれが原因か、とも思えるけど完全にループになっているので脱出は困難。まるで便器の中のメダカ。

メダカの学校って仲間外れは無さそうだけど毎年感染症で廃校になるんだろうなぁ。それは哀しいなぁ…。