fumée d'ambre girls

出来の悪い人。思ったこと、考えていることを書く。何か嫌になったら逃げ込んでくる。音楽を作る。

神のせい

やっぱり人の都合、気持ちを考えられない人間なんだなとさっき改めて実感した。落ち込む度に反芻を繰り返すがいつかポツリとそいつは消えて無くなりそして忘れた頃に巨大な影として現れる。その度に僕は神を憎む。そしてそれを信仰する馬鹿たちに目尻を痙攣らせる。やはり僕はアイツが嫌いで殺したい。本当に仏教の家に育って良かったと思う。神道とかそっちら辺の家に生まれてたら身内全員殺してただろうと思うくらい僕はアイツが嫌いだ。そしてアイツを信仰してお告げだ何だのと言って大量虐殺なんかを行うクソどもにも殺意を持つ。ましてやその神とやらが本当に存在し、自分が生み出したと宣いその行為が行われているのなら神は人間を掃除する為に人間を使って尻拭いをしていることになる。そうなったらもう本当に救いようのない話で僕はミサイルでも核でも何でも使ってそいつを殺したい。ただ人々から崇められ何時になっても姿を現さず悦に浸っているだけのソイツこそクズの頂上にあたるべきだと思う。神はクズだ。そんなものに時間を割きたくもない。そう言いながらもこんなモノを書いてしまうほど僕はクズ中のクズなのだ。

そこで僕はこんなことを閃いた。神や宗教なんかは頼ったり祈ったりするものではなく、使うものなのだと。何かヘマを犯したら神のせいにすればいい。何かふと魔が差して罪に触れたら宗教のせいにしてしまえばいい。そうすればアイツの立場は一気に急降下し、人間に使い慣らされ、地べたにひれ伏しその頭を踏み潰す事が出来る。愉快だ。実に愉快だ。それでようやく人類は納得し全て神から受けた洗脳であり神こそが諸悪の根源だったのだと気付き争いも無くなるだろう。それでも争いを起こす奴は人間が作った法で裁き殺せばいい。大衆の前でこいつは神の残りカスだと斬首すればいい。いやはや実に愉快だ。幸せだ。もしかしたら僕は人間という生物に、知能に取り憑かれているのかもしれない。そんなことをまるでフルーツの缶詰を開けそこない、ダラダラとシロップだけが流れ出しているような脳で考えるのであった。

for EnoShima

先日、高校時代の部活の部長に、

『来なきゃ殺す。』

と恐喝されて鎌倉と江ノ島に行って来ました。待ち合わせ場所に着いた時にはマリファナをバッチリ決めたイケメンと一つ下の後輩がいました。そこから電車を乗り換え鎌倉へ。わりと自宅からのアクセスが良く快適に着いたと思っていると江ノ島電鉄は人で超満員。風情もクソもねぇなと思っていましたが木々や住宅の間を縫って進み、一瞬で視界が開け、広大な海を目にした時は思わずおぉ…と声が漏れてしまいました。

鎌倉に到着して適当に歩いていると長谷寺というお寺に行き当たり参拝料(300円)を払って中に入ってみる。と、そこには蓮の浮かぶ池があり、金魚や鯉、亀など、日本ならではの生き物達が見れて心が和みました。

f:id:Ent_Yohiii:20170911211836j:imagef:id:Ent_Yohiii:20170911211854j:image

そして由比ヶ浜を一望できる休憩所でラムネを飲む。何だかガキの頃に戻ったような味と風景でとても心が満たされました…。

f:id:Ent_Yohiii:20170911211916j:image

風景を楽しんで階段を上って行くとそこには千体地蔵なる看板と3体の地蔵があり、?を頭に浮かべながら辺りを見渡すと四方の崖に小さな地蔵がズラーッっと並んでおり、少しビビりはしましたがこれが千体という由縁か…と、僕は少し似たようなことを謳っている故郷の島を思い出すのでした…。

f:id:Ent_Yohiii:20170911211945j:imagef:id:Ent_Yohiii:20170911211958j:imagef:id:Ent_Yohiii:20170911212007j:imagef:id:Ent_Yohiii:20170911212014j:image

それから奥に進むと観音ミュージアムなる施設があり、ここでも入場料(300円)を支払い中へ…すると5分程の映像と、造られた当時から一切手を加えていない(故に壊れている物もある)何十体という様々な観音像を見ることができ、仏像マニアの僕にはとても堪らない時間でした。誘い主も中々興味深げに見ていて、楽しかったと言ってもらえた時には少しホッとしました(僕には少々暴走癖があるので…)そしてミュージアムを鑑賞し終わったあと、そのまま本堂まで進むとこれまたびっくり、滅茶苦茶でかい十一面観音菩薩像があり、戦々恐々してしまいました。(撮影は禁止でしたが調べてみるとどうやら10m近くあった模様)また、その造形の美しさに、大昔の日本人の類い稀な技術と美的センスに打ちのめされ眩暈を起こしそうになりましたが何とかそのパワーに負けるかと踏み止まり、前に進んでお参りをしてまいりました…。なんだか流れで入ったけど良かったなという意見が皆一致したのでホッと一安心していたところに珍しい服が並んでいる店を見つけ、思わず足を踏み入れてみると何とも美しい手織り、手染めの衣類が並んでいるではないか…。僕は完全に暴走スイッチが入ってしまい何か良いものは無いかと必死に目を凝らしたところ…有りました…。僕の嗜好、理想に近い衣類が…。(お洒落的にはハーレムパンツというのかな?)その美しいズボンに僕は一目惚れしてしまい初めて衣類1着に5000円という金額を出して手に入れました。何せ他の所には売ってないような代物でしたので…。

f:id:Ent_Yohiii:20170911184056j:image

さぁ、沢山歩いていっぱい知見を得、カロリーを消費した後は腹が減るもの。当初は生しらす丼を食べに行くというサイドミッションもあった為そちらのフェーズに移行しようかと思った時、遠くにある看板を見て計画ミスをしていることに気づいた。生しらすなんてその日揚がる数に制限があるのは当たり前、数量限定であったことを再認識したのです。ヤベェ…ヤベェよぉ…とそこらを歩いているとなんとまだ生しらすを取り扱っているお店が…!予定していた店とは違いましたが今食わずには何とやら!即行で飛び込み席に着く。するとなんと予定してた店より安く、ボリュームもあるではないか!一口食べると納得の味、これが生しらすか…ちりめんしか食べたことのない僕らにとってはその歯ごたえと香りが絶妙で舌鼓をうち、あっという間に食べ終えたのであった…。f:id:Ent_Yohiii:20170911182914j:image

 

残るミッションは大仏と江ノ島巡礼。大仏は意外と近くにあって10分もあるけば到着、こちらも参拝料(200円)を払い寺院内へ…出ました大仏、デカイ。さっき見た観音像よりデカイ。そして大量の外国人観光客、やっぱり海外の人はBUTSUZOUに興味津々な模様、写真を撮りまくる。僕は女子トイレの声と音が聞こえる微妙な男子トイレで用を足して大仏の胎内観覧へ…に、20円…そんな微妙な金持ってねぇよ…と100円を出しましたが受付のおっさんが手早くおつりを渡してくれたので後ろがつっかえる事もなく無事胎内へ…。が、しかし、ひ、光がねぇ!下りの階段何も見えねぇ…!手すりをガッシリ掴んで降りて行くと汗だくになって外へ出て行く人達とすれ違う。なんだよその汗…一体中でどんな行動をとったんだ…とか思いながら自分達も胎内へ到着。すると……暑い!熱い!酸素が無ぇ!写真など撮る暇もなく中にある説明台を見てあっという間に外へ…。涼しい…。大仏の胎内マジでヤベェよ…人間の胎内の比じゃねぇ…。それでも背中の通気口がガンダムみたいに開いてたのは妙にツボった。

f:id:Ent_Yohiii:20170911184153j:image

 

さぁいよいよ江ノ島へ…長い橋を渡るがここは海風が吹いていてとても心地良かった。

f:id:Ent_Yohiii:20170911184343j:imagef:id:Ent_Yohiii:20170911184240j:image

何故か沢山のレイヤーさんが居た。謎だった。そしてウェイ系のパリピ共が橋の下の海辺でウェイウェイ喚いていてうるさかった。そのウェイ系モンスターは時々橋の上にも出現するため例のゲームのように目の前に立っただけでバトルをふっかけられる事がないよう避けて通る。

さぁ着いたぞ江ノ島。観光客で通りはギッチギチ。みっしりとかじゃなくてギッチギチ。f:id:Ent_Yohiii:20170911183241j:imagef:id:Ent_Yohiii:20170911184530j:image

あと至る所に猫がいる…喉を撫でてやると滅茶苦茶気持ち良さそうな顔をする。島で飼われているのだろうか…観光客向けの記念物のようにそこらにいる。警戒心も0だ。階段を登る先登る先でモフる。可愛かった…。

f:id:Ent_Yohiii:20170911183314j:image

そして流れで江ノ島の裏側まで行くことに…遠いよ…反対側…至る所に弁財天がいるし龍がいるし…猫もいるし…カオスだよ…。

f:id:Ent_Yohiii:20170911183405j:imagef:id:Ent_Yohiii:20170911183423j:image

と心の中で思いながら進む、たぶん40分ぐらい歩いてた気がする。すると裏側に着いた…。釣りをする人とインスタ映えにがんばる人達。そして白い猫。僕らが触った時は大人しく撫でられていたけど5歳児ぐらいが撫でるとブチ切れてた…何故だろう…。

そんなことよりもう帰ろう…何キロ歩いたんだよ俺らは…登山の頂上到達後の降りる絶望ってたぶんこんな感じなんだろうな…とか思いながら歩いていたら帰り道のルートはめちゃくちゃ早かった。たぶん20分ぐらい。もう時間も時間だったので商店街も店じまいを始めていた。それでもなんとかお土産を手に入れた連れは満足したようでマリファナも切れ、穏やかな表情になっていた。

という訳で僕はその日、鎌倉及び江ノ島へ1日旅に出たのであった…。部長、誘ってくれてありがとう。凄くいい体験ができました。楽しかったです。またどこか行きましょう。

f:id:Ent_Yohiii:20170911184647j:image

(左のチビが僕、隣の長身がヤクガンギマリ部長)

P.S ヤクは程々にな。

Theatrical Lol

soundcloud.com



 

「ほら貴方、しゃんとなさいな。それでは遊園地にも行けません。」

外には柔らかい柿の実が成っている。

「僕、あれが欲しい。」

そう言って黙りこんだ。

「沈黙はね、いつか終わるの。あの柿のように腐って。

 此の世はね、美しいものから先に消えて行くの。」

「それはどうして?」

稚児は問う。

良いわ、教えてあげる。

「いつの日か、人はまた争い合う。すると目の前がとても美しく見えるの。

 そして今まで気づかなかった優しい人を集めて壊してしまう。

 そして二度と過ちを犯さぬように神に誓うの。

 それでも今度は美しいモノが人を壊すの。二度と逃げられぬように。」

 

ーー百年ーー

 

秒針は五十六秒を指す。瞬きを終えた瞬間だった。

光った。

何事かと思った世界、そして汚い泣き声で満たされた世界。

「嗚呼、これが母さんの言ってた事か…。」

 

掃除が終わった頃、また世界は回りだします。

 

「いつの日か、人はまた争い合う。すると目の前がとても美しく見えるの。

 そして今まで気づかなかった優しい人を集めて壊してしまう。

 そして二度と過ちを犯さぬように神に誓うの。

 それでも今度は美しいモノが人を壊すの。二度と逃げられぬように。」

 

ーー母が言うーー

「ほら貴方、しゃんとな…

 

 

音楽家ト画家ト絵ト

今日は大好きな画家の河野愛さんの個展に行って、写真撮って沢山お喋りして、サインをもらった後にさユりのフリーライブに行って来ました。河野さんと音楽などのお話をしている中で、『誰かに似ていると思ったら國光君(ex.the cabs)にそっくりだ!』と言われた時は嬉しい気持ちと不安な気持ちが同時に湧いて来て変なテンションになってしまいました…が、河野さんがその人を見てイメージして出て来た動物をサイン。という独特なサインしてもらう時には『パっと見、狼に似ている、いや狐っぽくもある…あと梟…』と言われ、リカオンという動物を紹介した所そこから大盛り上がりになり一気にお喋りしながらサインを頂きました…。という訳で僕はリカオンです。

f:id:Ent_Yohiii:20170826202359j:image(苺とラズベリーのシェイクとパンフ)

f:id:Ent_Yohiii:20170826201943j:imagef:id:Ent_Yohiii:20170826202050j:image(サインと今はプレミア付きになっているthe cabsのグッズ)

 

さユりのフリーライブは先日のサマソニで喉を壊してしまったせいか若干のセーブが見られ、ピッチが少し不安定な所もありましたが圧倒的な表現力で素晴らしいライブでした…。ライブ終了後、サイン会で片髪を結った姿で登場したさユりの美しいこと…あの修羅の国でこんなに可愛い子が産まれるんですね…。まぁ見た目よりやはりその音楽に僕は惚れているのですが…。

f:id:Ent_Yohiii:20170826202144j:image

(演奏中は撮影禁止だったので本番前のステージを)

 

という訳で非常に濃い1日となり、当初知人を誘う予定だったのですが、かえって1人で行って良かったなぁと思いました。

 

おわり。

不思議な逢着

昨晩、日本のギタリスト界隈、及びHR/HMが好きな人達の中で知らない人はいないであろう、超絶ギタリストKelly SIMONZさんと飯食って演奏してもらってピッキングについて教えてもらった。

 f:id:Ent_Yohiii:20170821131629j:image

いやまぁほんとによくわからない突然の出会いで戸惑いながらも演奏後のピックをコッソリ貰ったりしてとても良い思いをした。あと、自分が写真に写れるようになっていることに驚いた。この僕の矮小で貧弱な精神は少し大きくなったのだ。今度はNUITOのライブ行った時、ひらうさんに撮ってもらおう…。

Sometimes for nA0.

僕はどうにもトラウマが消えにくく、ネチネチビチャビチャグラグラ付き纏う体質らしい。それでもなんとか気力を振り絞り知人を遊びに連れ出した。よく知っている訳でもなく、またその逆でもない微妙な大きさで僕の脳内に居座る彼女の笑顔が僕はとても好きだった。いや、今でも好きだ。そんな彼女とは久々に会うけれど、あまり気概は感じられず、ただ普通に「久しぶり。」と声を掛け合うのだった。僕は隙を見ては彼女の横顔を伺う。やはり昔とは違ってどこか大人びた、人間として一つも二つも前に進んでいる彼女の横顔を覗くたびに、自分の矮小さを改めて実感する。明らかに間違いなく、確実に彼女は強くなっている。というよりは大きくなったというのが正しいかもしれない。ズタズタになってボロボロになっても果敢に挑戦する彼女を僕は本当に尊敬している。いやはや頭が上がらない。到底揶揄できない彼女の生き様に僕は日々胸を打たれている。こんなにも何か魅力を感じるのは、これまで互いに生きてきた道程の中で微かな共通点、或は差異があったからであろう。

両親の愛を欲してきた彼女と、両親の憎しみを感じてきた僕。父親が欲しかった彼女と、父親など欲しくなかった僕。些細な様で奇跡のようにも思えるその立ち位置が、視点が、僕と彼女を強く結びつけているのだと思う。とても繊細で優しかったのであろう彼女の父親と、醜悪で粗相を繰り返す僕の父親。それが苦しくも僕らを惹きつける何かだった。音楽の嗜好が似ているのも、その正反対、むしろ非対象的な父親の存在があったからであろう。

至って普通の、どんな女子供でも欲する、異性からの愛情。それを受け得なかった彼女の傷、またそれを欲してやまない彼女の欲。この感情に僕はいつも心を突き動かされる。愛情を求め、果敢に挑戦する彼女の姿はとても美しい。敗戦に終わったその時を僕は何度か知っているけれど、それすらも輝かしかった。しかし、その敗戦に加担したこともある僕はいつも少しだけ胸が痛む。彼女を傷付けた一人間としての罪悪の念がこの身体の何処かにこびりついて未だに離れない。それ故、彼女と話したり会ったりするのにはとても大きな勇気が必要なのだ。僕がその感覚に挑戦するのが彼女でなければ、彼女の傷を一つでも減らせたのではないかと、ふと我に帰って考えてみたりもする。まぁ考えたところで、思ったところでどうにもならないのだけれど僕はそれを思考することがどうしても止められない。これが罰だとか、咎だったりとかする意識なのだろうか。未熟な僕の脳や精神では抱えきれない何かになっている。だから彼女が果敢に挑戦し、挫け、諦めそうになった時も、僕はあるだけの力で彼女を支える。一友人として、一人間として、何度でもその背中を抱きとめる。押し留める。そして行って来いと、また無責任にその背中を押し出すのである。醜い。残虐だ。しかしその汚さこそ僕であり、その汚れた生き方こそ僕なのである。救いようのない、消すことのできない存在。だからもう二度と過ちを繰り返さぬ様、僕は彼女が行う様な挑戦から逃げ出した。それもたった一度で。

弱いな、小さいな僕は。人間が保護したりする動物以下に、僕は知恵を与えられた獣である。醜いな。醜いな。

しかし、そのまま留まるわけには行かない。そうしてる間に生命は縮み、身体は竦み衰えていくのである。そしてその限界が来るまでに、僕は何としても形を残さねばならない。これは義務だと自分で言い張る。強制する。そして彼女だけでなく、これまで触れてきた僕に関わる人、またその僕の行いで触れる人間、獣に、いまひとつ、傷を癒せる様な、無責任でなく背中を押せる様な何かを残したい。たとえそれが形而上のものであっても構わない。ただそうしたい、そうしたいがだけに僕はこの世にしがみ付いている。さもなくば馬鹿な、白痴な獣として終わってしまう。これは何としてでも避けたい。これまで僕に触れてくれた人のためにも、ただ単なる僕のエゴの為にも、そして、一度傷付けた彼女の為にも。

今日も僕は鳴らすのである。歌うのである。書き留めるのである。

 

そうやって、生きていくのである。

時に、彼女に勝利が幸福が訪れるように…。

生存報告

自分で思っている以上に僕の身体及び精神の状態は芳しくないらしく、遂に長期休暇を与えられ、地元に帰ってきた。知り合いに会うのがとても怖く、迂闊に街を歩けないのだけれど、親に滅茶苦茶に揶揄されたので今日、髪を切りに行ってきた。そこはいつも通っている美容室でアーケード街の外側にポツリと営業しているのだけれど、従業員の年齢層は比較的若く、また僕のことを幼少時から知っている人達なのでそこについての恐怖は無い。むしろ安堵を覚えるくらいだ。馴染みの美容師さんに「これ地毛?(笑)。」と言われ、改めて自分の毛量が他に比べ多いことを自覚する。「もちろん(笑)。」と返すと「もう少し少なかったらそんなにボサボサには見えないんだけどね〜」とぼやかれ一般男性に比べやや長めの僕の髪に鋏を入れられた。切り終えた自分の姿を見るとあまり長さは変わっていない様だが、どこかスッキリしたように感じられ、美容師さんってすごいな〜と感心した。それも束の間、今度は自分の顔が目に入ってき、その醜悪さたるや、引きつった笑みに伏し目がちな目を向けられ、あやうく失神しそうになった。それでもなんとか踏み止まり、会計を済ませ「またね!」と言われ店を後にする。小腹も空いたし夕飯時には良い頃合いだったので、これまた馴染みのあるラーメン屋さんに行った。ちゃんと舌が覚えているその懐かしい味に、少しホッとし、そしてまたいつの日かの様にいくらかマケてもらって、僕のお財布も安泰。そしてキツイキツイ坂を登り帰路に着いた。

昨日はこれまた馴染みの深い、というよりはもう親類の一部の様にも感ぜられる英会話教室の先生とカラオケに行った。またその英会話の先生の歌唱力も賜物であり、美声を完璧なビブラートで装飾する。僕はう〜んと内心唸りながら、どうやったら出来るものか必死に勉強していた。当の僕は、以前に比べ発声の種類がいくらか増えたのと、声域が広がったというぐらいで歌唱力に関しては全くのド素人である。ホイッスルボイスが使えたら...ビブラートが綺麗に使えたら...と悔しさを感じながらも気持ちよく、そしてありったけの感情を込めて歌った。それについて、先生は褒めてくれるけれどやはり自分ではまだまだ納得いかない。なんとかしなければと思いつつも、いつの日かの自分よりは多少成長を感じられ、進歩はしてるんだな、と生物としての再認識は上手いことさせられることができた。また僕の音楽についてもとても関心を持って触れてくれるのでそれも嬉しい。音楽についてまともに会話ができる人がいるというのが僕にとって唯一の楽園、或は居場所なのかもしれないと、死にそうな脳でボンヤリと思うのであった。

さてさて、もう少しばかり地元に居座ろうと思うので、知人には良ければ声をかけてもらいたい。またあの地獄の様な所に帰るまでに、多少のアイテム、装備が必要だ。なにせ僕は人よりも持っているモノが少なく、なによりキャパシティがとても小さい。この矮小で貧弱な身体と精神を支えるためにはそれなりの武器が必要だと自覚している。そしてそれが何であるのかさえも熟知している。僕はこの短い帰省時間に、多くの武器を手にし、そしてそれをあいつと作らなければならない。それだけが、それらの人達だけが僕を生かしているのだと今しかと実感し、人間として生存を続けている。そしてあわよくばそれが人の為になれば、と今も、そしてこれからも願って止まない。